家庭用脱毛器の種類と違い

家庭用脱毛器にも色々な種類があります。

もっとも簡易で本体価格もリーゾナブルなのがローラー回転式の脱毛器です。

仕組みはとても簡単で、肌の上をゆっくりと滑らせていくとローラ部分がムダ毛を絡め取ってくれます。

特にコツもありませんので誰でも気軽に導入できますが、ムダ毛が十分な長さでないと処理残しが発生することもあります。



本格的な効果が得られると人気が高いのはレーザー脱毛器や光脱毛器です。

どちらも毛根にある毛母細胞の働きに影響を与えるような方法であり、メラニン色素に反応する特殊な光を使って光エネルギーをムダ毛に吸収させ、その吸収されたエネルギーが熱エネルギーに変換されることでムダ毛の再生に影響を与える方法です。
仕組みはよく似ていますが、レーザーの方はピンポイント照射に近く、一照射で処理できるのは数本ずつです。

出力は強めですのでその分刺激も強く、痛みが気になる人もいるようですが、処理の効果は早くでますので目的のレベルまで達するのにかかる期間は短くなります。

それに対し、光脱毛は一照射あたりの面積が広くて施術にかかる時間はとても短くなります。

出力が弱めで痛みがもっとも小さい方法と言われていますので、それまで痛みが怖くて施術に踏み切れなかった人たちでも受けられる可能性があります。パワーが抑えめですので効果の出方はレーザーに比べると劣ります。



ですから多くの回数を照射しなければなりませんので、期間は長めに見積もらなければなりません。




Copyright (C) 2016 家庭用脱毛器の種類と違い All Rights Reserved.